<建設現地>周辺施設リポート 商業施設編

<建設現地>周辺施設リポート 商業施設編

皆様、こんにちは!

緊急事態宣言が延期となり、自粛に次ぐ自粛で気持ちが晴れないかとは思いますが・・・

もう少しで春が来ます。それまでもうひと踏ん張りしましょう。

さて今回、第2回目のブログ担当させていただくことになりました横田と申します。
初めての投稿となるため、お見苦しい点もあるかと思いますが日々ブラッシュアップした内容をお届けできるように頑張って参りますので宜しくお願い致します。

前回は2つのタワー棟がどこまで建ち上がってきているかについてのリポートでしたが、今回は敷地内の施設(商業施設・小学校・広場エリア)が今どんな様子なのかをご紹介させていただきたいと思います!

まずは、建設現地の外周部を歩いてみたところ約10分程かかりました・・・改めて敷地の広大さに驚いております。

こちらが敷地配置図と外側から見た現在の様子です。

総敷地面積約23,000㎡は、25mプールに例えると約61個分もの広さになるとのこと。
(※25m×11mのプールで計算)本当に広大な敷地なんだということがわかりますね!


そして、100店舗超がテナントで入るショッピングモールの様子がこちらです!

まだ工事用の幕が張られていて中の様子がよく見えませんが、既にかなりの迫力・・・。

横幅ももっとタワー棟側に向けて大きくなっていきますので、まさに「一体開発」という印象です。

駅側入り口部分ガラス張りも格好良さそうですし、全貌が明らかになるのが楽しみですね!!o(^o^)o

こちらのショッピングモールには、大型スーパーマーケットに加え、生鮮三品・食物販の専門店によるライブ感あふれる『地域No1“食”市場』や亀戸の下町ならではの“食”文化を活かし、亀戸エリアに新たな“食のライフスタイル”を提案する『(仮称)カメ横フードホール』の導入など、高い日常利便性の実現に加え、新たなライフスタイルをご提供予定とのこと。

皆様に愛されたサンストリート亀戸同様、便利なだけではなく「楽しくて」「愛される」亀戸の新たな拠点となるよう、野村不動産グループの総力を結集して開業予定です!

それでは次週の最新リポートでは、もうひとつの街の顔となる「小学校増設計画」地の様子をお届けします。お楽しみに!